TOKK

西宮市立郷土資料館
第35回特別展示 すなどりの具 〜西宮の漁具〜

9月1日(日)まで
西宮の「最後の漁師たち」が使った貴重な漁具を展示

かつて西宮ではイワシ漁をはじめとする漁業が盛んで、西宮神社の名にあやかって「宮じゃこ」と呼ばれた煮干しが評判だった。しかし、昭和40年代に西宮の漁業は終わりを迎えた。そんな西宮における漁業の盛衰を企画展で紹介。地元の「最後の漁師たち」が使った漁具が展示され、漁師たちの知恵や思いにふれることができる。
【写真】西宮浜で使われていたタコツボ(郷土資料館蔵)

地図アプリで開く

料金 入館無料
時間 10:00~17:00(入館は~16:30)
休館日 月曜
アクセス 阪急梅田・今津・神戸三宮各駅→阪神電車・香櫨園駅下車 約6分、または阪急夙川駅下車 約19分
お問い合わせ 0798-33-1298
URL https://www.nishi.or.jp/bunka/rekishitobunkazai/ritsukyodoshiryokan/index.html

記事作成日:2019/07/25